ガラパゴスフルイ機の現場導入|土質改良プラントの利用

ジャケットの男性

大量の建設発生土を処理

工場

土質改良プラントというのは、大規模な工事等によって大量の建設発生土が発生した際に利用される施設です。巨大な土質改良機の様なもので、その違いというのは自走するかどうかという点と処理できる建設発生土の量にあるでしょう。土質改良プラントは施設のため、自走することができません。また、巨大な施設ですので、処理することのできる建設発生土の量も多いものとなるのです。土質改良プラントでは、機械内部において建設発生土を細粒化しつつ固化材を切削混合します。その工程を高速で行い、建設発生土を改良土へと作り替えます。処理され土質改良プラントの機械外へ排出された改良土は、路床材や盛土材として再利用することができるでしょう。
土質改良プラントというのは、その巨大さ故に設置に広いスペースを必要とします。また、そこまで建設発生土を運ぶ必要もでてくるでしょう。近年では、土質改良プラントをコンパクト化した小型土質改良プラントと呼ばれるものが開発されました。小型土質改良プラントは、狭いスペースにも設置することができる他、内部にソイルカッタやロータリーハンマー、アフターカッタを備え付けています。そのため、土質改良機や土質プラントの様に建設発生土の再利用化を高速で行うことができるのです。もちろん、処理することのできる量も多いため、狭いスペースでの再利用化処理を必要とする現場では重宝するでしょう。建設発生土の再利用化による資源の有効活用というのは、現場では必要不可欠な作業なのです。