【家の耐久性を守ろう】シロアリ対策業者の選び方を紹介

まず寄せ付けない

鳩

効果的な打開策

もともと野生の中で暮らしていた鳩が人間の住むエリアにわざわざ入ってくるということは、そもそも鳩にとって住みやすい環境を人間が作ってしまっていることにあります。まず鳩が人間に慣れてしまっているということが問題で、頻繁に人間がエサを与えているような公園では鳩自らがエサをくれと言わんばかりに近づいてきます。この慣れてしまっているということが非常に問題で、人間を全く恐れなくなった鳩に被害を受けた時、追い払ったり等の対策が困難になる場合があります。鳩にエサを与えること自体、その場所による規制がなければ法律的には何も問題無いのが事実ではありますが、そういった公園周辺の住民の方たちから被害の声があがっている場所も少なくはありませんので、もしその場所が自宅の庭だったら、ベランダだったら鳩に餌付けするかどうかを考えて行動するようにした方が良いでしょう。鳩を直接駆除することができない現状、人間はそもそも鳩を寄せ付けない対策が必要です。鳩は自分が住みやすそうな環境を見つけると、何度も何度も同じ場所に偵察にやってきます。ベランダ等に天敵のダミー等を置いておいても何度か来るうちにダミーと見抜いてしまうほど学習能力があるのです。また、一昔前に話題になった鳥類は磁気に弱いという説で、寄り付いてほしくない場所には磁石を置くという対策はほとんど意味がないというのが最終的な結果です。最近ではとまれる場所を無くしたり、雨風凌げる場所を無くす等、やはり物理的な対策が一番のようです。

Copyright© 2018 【家の耐久性を守ろう】シロアリ対策業者の選び方を紹介 All Rights Reserved.