【家の耐久性を守ろう】シロアリ対策業者の選び方を紹介

解決策を考える

はと

棲みつきにくい環境

鳩対策において鳩を寄せ付けない、近づかせないというのが最も理想であり解決に近づく方法なのだが、昨今の人慣れしてしまった鳩を追い払うことはなかなか難しいのが現実です。一番確実なのは物理的に鳩をシャットアウトしてしまうという対策で、手すりに釣糸を張ってとまれる場所を無くしたり最終的にはベランダそのものをネットで囲ってしまうといった方法をとっている場合も少なくありません。ただマンションなどの場合は管理会社協力のもと、マンション全体でこの方法を取らないことにはネットを張ったベランダには入れない、ということで根本的な対策や解決にはなかなかならないところが問題です。そもそも鳩がベランダに来るには雨風しのげて安全という理由があって、ほとんどの場合物が多く置いてあるベランダに来ることが多いようです。隣の空き部屋には鳩の糞が無いのに何故か我が家には鳩が寄り付くなんて場合は、相手からしたら物があって隠れやすそう、水が溜まっていて水分補給できそうといったメリットを感じて寄ってきているはずです。鳩も一生懸命生きている野生動物ですから、できるだけ身を守れそうなベランダを探しています。とまれる場所も少なく回りから丸見えの場所では落ち着かないはずですので、人間が進んで鳩の住みにくい環境を作っていけば自然と離れて行きます。ベランダがどんなに汚れても気にしない人もいますが、人間一人ひとりが対策を意識していくことで人間の住みやすい環境を作っていくことも大切です。

Copyright© 2018 【家の耐久性を守ろう】シロアリ対策業者の選び方を紹介 All Rights Reserved.