ガラパゴスフルイ機の現場導入|土質改良プラントの利用

ジャケットの男性

周波数成分の分布解析

男性

高周波信号における周波数成分の分布について、それを表示し分析したいと考えるのであればspectrumanalyzerと呼ばれる測定器を用いると良いでしょう。spectrumanalyzerで高周波信号の周波数成分の分布を表示し解析する際には、2種類の波形として表現することが可能です。1つは、電磁波ノイズを時間領域の波形として表現するものとなっています。もう1つは横軸を周波数とし、周波数領域を周波数成分として観測し表現するといったものになります。周波数領域を周波数成分として観測した場合、電磁波ノイズを時間領域の波形とした表現した時よりも多くの情報を得ることができるでしょう。
spectrumanalyzerには2つの基本原理が存在します。その基本原理というのは、同調掃引とFFTの二方式になります。それぞれ、測定の目的に合わせて使い分けられます。同調掃引の場合、バンドパスフィルタの中心周波数をスウィープするといった原理になります。フィルタの周波数を変えていく原理のため、信号自体が測定中に変化するような測定には適していません。FFTと呼ばれる原理では、短い時間窓から時系列信号の周波数成分を連続して得ることができます。つまりは、同調掃引の原理には適していない信号自体の変化する測定において適している原理なのです。このように、それぞれのspectrumanalyzerの基本原理の違いというのは、使用用途によって使い分ける必要があるのです。spectrumanalyzerを利用する際には、これらの基本原理について良く理解しておくことが大切となるでしょう。