ガラパゴスフルイ機の現場導入|土質改良プラントの利用

ジャケットの男性

レーザ溶接について

作業員

溶接というのは、二つの金属部品の接合したい箇所を熱で溶融し、一体化するといった金属加工です。溶接を行うための機械を溶接機と呼び、その種類は様々なものとなります。ガスの燃焼によって熱を発生させるガス溶接や、溶接棒にアークを発生させ溶融を行うアーク溶接、レーザ照射による溶接といった種類があるのです。ここでは、溶接機の一つであるレーザ溶接のメリットとデメリットについて知っていきましょう。
レーザ溶接の利用で得られるメリットというのは、まず他の溶接機と比べて溶接歪が少ないといった点が挙げられます。レーザでは局部加熱が可能なため、短時間で溶接歪の少ない接合ができるのです。また、アーク溶接のような電気を利用する溶接機と異なり、熱源が光であるためワークダメージの影響が少ないといったメリットもあります。レーザでの局部加熱によって、微細加工もできるでしょう。また、異種材料間の溶接の比較的容易に行うことができます。異種材料間の溶接というのは、融点の異なる材料同士の溶接となるのでその溶接は困難なものとなるのです。この溶接機のデメリットについては、溶接個所の密着制度及び溶接面の管理にあります。それらの管理を行わなければ、接合部のナゲットにおいてポロシティやクラック等の不具合が発生する可能性がでてきます。また、治具設計に関しても、レーザ溶接に適したものであることが重要となってくるのです。これらがレーザ溶接のメリット・デメリットとなり、使用する用途によって導入を検討すると良いでしょう。