ガラパゴスフルイ機の現場導入|土質改良プラントの利用

作業員

資源の有効活用

工事現場

ビル等の解体工事を行った際には、大量のコンクリートガラが発生するでしょう。また、転石が発生するような工事現場もあるはずです。コンクリートガラや転石というのは、建設発生土と呼ばれる建設副産物にあたります。それらは再利用が困難なため、埋め立てによる残土処理を行うことが一般的でした。近年では、様々な現場で発生するそういった資源について、捨てずに再利用するといった概念や取り組みが注目を集めています。その概念や取り組みというのは、現場循環型工法と呼ばれるものです。現場循環型工法が注目を集めたことによって、その概念に基づいて様々な機械が開発されました。その機械には、土質改良機やガラパゴスフルイ機といったものがあります。中でもガラパゴスフルイ機は、コンクリートガラや転石を再利用化することのできる機械です。
ガラパゴスフルイ機は粉砕機とも呼ばれており、コンクリートガラや転石といった建設発生土を粉砕します。粉砕処理を施す際には、粉砕したコンクリートガラや転石が均等な大きさになるよう調整します。金属が混入している場合には、磁力を持つコンベアによって金属を取り除き、均等な大きさに粉砕したコンクリートガラや転石のみを排出することができるのです。均等な大きさに粉砕されたコンクリートガラや転石というのは、主に路盤材として再利用されます。このように、現場循環型工法に基づいて開発されたガラパゴスフルイ機であれば、コンクリートガラや転石であっても有効活用できる資源へと変えることができるのです。

LINKS

  • ティー・エイチ・エム株式会社

    溶接機で高い信頼が寄せられているのはこちらです。種類が豊富なので、それぞれのコスパを踏まえて検討しておくことが大切です。
  • 有限会社林製作所

    低価格で手に入れることができるので多くの人から支持されていますよ。ガラパゴスのフルイ機はここから購入しましょう!

レーザ溶接について

作業員

二つの金属を溶融し一体化させる溶接を行うためには、溶接機が必要となります。溶接機には様々な種類があり、レーザ溶接もその一つです。レーザ溶接は局部加熱が可能で、微細加工も可能な溶接機となっています。

Read More..

周波数成分の分布解析

男性

spectrumanalyzerと呼ばれる装置は、高周波数における周波数分布を表示し、解析することのできる装置です。その基本原理は二方式存在し、測定する内容に合わせて使い分ける必要があります。

Read More..

大量の建設発生土を処理

工場

大規模工事を行った場合、建設発生土も大量に発生します。そういった場合には、土質改良機ではなく土質改良プラントを利用する必要があるでしょう。土質改良プラントは、不良土や汚泥を再利用化するための巨大な設置型機械です。

Read More..